30代働く女性のストレス解消法

とえば、 「ストレスの多い生活を送っているから」 「自分の性格だから仕方ない」
もし、あなたがこのように思っているのであれば、大きな勘違いをしています。
実は、今の生活環境にいながらでも、 性格にも関係なく、ストレスを解消していくことは出来ます。
では、「具体的にどうすれば良いのか?」

"ロングセラーのストレス改善法"ストレス解消プログラムとは!?

wo7.gif

ストレスに弱い人の特徴とストレスが生まれる原因

ストレスに弱い人の特徴/ストレスが生まれる原因

人間関係でのストレスは何故生まれるのか?
ストレスの原因をあらためて考えてみたことありますか?

例えばあなたは、もしかして

・神経質な人ですか?
・几帳面な人ですか?
・完璧主義な人ですか?
・物事への「執着心」が強い人ですか?
・気持ちや感情を強く抑えてしまう人ですか?
・マイナス思考が強い人ですか?
・嫌なことがあると、気分が沈み込みやすい人ですか?

すなわち、これはストレスに弱い人の特徴なんですが。

ストレス解消法をいろいろと試してみても、ストレスの元自体は消えませんよね。
忘れたつもりでもいずれまた思い出します^^;

だったら、ストレスの元が生まれないように出来ないものか?
そこで、まずストレスが生まれる原因について考えてみましょう。

わたし達の人間関係で、ストレスの原因を簡単に言ってしまえば、
「あなたはなぜ、わたしの思う通りにしてくれないの?」ということです。
自分が理想とするもの、自分が常識と思うもの、これら自己基準に従わない「あの人が間違っている」、ということなんです。

つまりあなたは、言わば自分の考え方に「執着」しているわけです。

しかし、そもそもあなたの考えには誰も従いません。はっきり言って従う義務もありません。
だってみんなそれぞれ育った環境や性格や考え方も違うんですから、従うわけないですよね。あなたが正しいと思うことは、あの人にとっては正しいことじゃないかもしれない。

でも、あなたは「世間の常識で言っても、やっぱりわたしの方が正しいでしょ?」こう考えますよね?

「その考え方間違ってますよ。」あなたがもしこう言われたらどうですか?
「世間がどう言おうがそんなの関係ない!」「正しいってなに?」「いったいどれだけの人がそう思ってるの?」「日本中の人に聞いて廻ったの?」
ひょっとして相手の心の中はこんな風かもしれません^^;

相手は相手で自分の考え方に「執着」しているわけです。
そもそも、この「執着」がくせ者なんです。

あの人が正しいとか正しくないとかは、ほんとは決めつけちゃだめなんです。
だって、人は正しいとか正しくないで生きてませんから。
決めつけからストレスが誕生していきます。

人って自分可愛いさから平気で正しくないことをやっちゃいます。
テレビのニュースで事件などを見ていると分かりますよね。

正しくないこといっぱいやってますよね。みんな人間の一つの本質です。
弱い生き物ですよね。自分が可愛いわけです。

愚かですが笑えません。いつ自分がそうならないとも限らないわけです。
あなたを困らせているその人も強そうに見せていますが、
ほんとは自分にしか「執着」できない弱い人間なんです。

「正しい・正しくない」ではなく、実際に「こういう人間いるんだな」ということです。


人間関係での「損得勘定」とは?

それからもう一つ、人間関係での「損得勘定」というものがあります。

これは、「わたしは、あの人のせいで損をした。(嫌な思いをさせられた)」
「あの人は言いたいことを言い、やりたいようにやって得をしている。」という損得です。

その場ではグッと我慢したが、後で考えると腹が立ってきてしかたがない。
よくあるパターンですが、これが後々結構なストレスになってきます。

「なんであの時、あの人にちゃんと言い返さなかったんだろう?」

ストレスを溜め込むタイプの人は、我慢グセのある人であったり、
人が良かったり(お人よし)、自分の思いを小出しに出来なかったり、
周りの目を気にして気持ちを押し殺したりします。

でも、結局最後には我慢しきれなくなり爆発したりします。
それを見て、周りはびっくりします(えっ?こんな人だったの?)
あなたは、自分がそうゆう目で見られてしまったことが、またストレスになってしまうわけです。

なかなかしんどいですよね?
でも、あの時あなたがキッパリ言い返していたらスッキリしたでしょうか?

きつい言葉を返されて今以上に腹が立ちストレスも大きなものになっていたかもしれません。
じつは、我慢するのも自分が可愛いからです。「こんなこと言ったら周りになんて思われるかな・・・?」
「嫌なやつって思われたくないな・・・。」お人よしも精神構造は同じです。自分が可愛いだけです。

周りに対していい子でいたいだけです。
言いたいことを、ストレートに言ってしまう人。言いたいけど周りを気にして穏便にやり過ごしてしまう人。どおです、どちらが正しいとかではなく、どちらも自分が可愛い人です^^;
自分もあの人もお互いその程度のものです。

これは、やりたいようにやったあの人を、やりたいようにやらせたのは、
他でもないあなた自身だということなんです。

そう自覚してください。そこから始めてください。あなたは他人に気を使いすぎです。
他人に気を使うのではなくもっと自分に気を使いましょう。その方が「楽」ですし「得」します。

嫌われる覚悟も必要です。だってみんな違う人間なんですから、全部に好かれるなんて無理です。ストレスを溜め込む人は、いい顔をしてしまいがちです。

言い返すのではなく、穏やかにお願いすることです。分かってもらえなければ、「穏やかにひつこく」です^^;
難しいかもしれませんが、とにかくマイナス的な思い込みはしないことです。
やってみれば意外と「なんで悩んでたんだろ?」となる場合があります。

人間関係でのストレスは他人がきっかけではありますが、じつは作り出しているのはあなた自身です。どこかで「執着」や「思い込み」を断ち切り、ストレスを生まない生き方で行きましょう!

とえば、
「ストレスの多い生活を送っているから」
「自分の性格だから仕方ない」

もし、あなたがこのように思っているのであれば、大きな勘違いをしています。

実は、今の生活環境にいながらでも、
性格にも関係なく、ストレスを解消していくことは出来ます。

では、「具体的にどうすれば良いのか?」


"ロングセラーのストレス改善法"「ストレス解消プログラム」の効果とは!?






ストレスは女性ホルモンを低下させる女性の大敵!

ストレスは女性ホルモンを低下させる女性の大敵

い女性の肌は、みずみずしくて張りもありますよね。
これは、女性ホルモンの働きによるものなんですね。

際若い女性の肌と中年の方の肌を比べてみると、きめの細かさや張りが違います^^;

性ホルモンは、若い女性にだけ働くホルモンみたいに思う方もいますが、妊娠や出産時だけに働くものじゃなくて、
骨の強化や、血管をやわらい状態で維持する働きもします。

まり、女性ホルモンは、ずっと働いてくれているわけですね。

えば女性の場合、更年期障害による女性ホルモンの大きな低下が、
「心血管疾患」や「骨粗鬆症」の発症に関係すると言われています。。

性ホルモンの働きはこれらだけではなく、ほかにもいろいろな働きをしてくれます。
年を重ねても、女性にとっては大切なホルモンなんですね。

て、みなさんは緊張した時に心臓がドキドキしたり、手が汗ばんだりしたことがあると思うんですが、この現象は、ストレスにより「交感神経」が活発に働いたことにより起こる体の反応です。

門機関の研究のより、ストレスにより「交感神経」が刺激され、女性ホルモンの低下を招くことを発見しています。
つまり、ストレスは女性ホルモンを低下させる女性の大敵であるわけです。

性ホルモンの代表的なものには、「エストロゲン」がありますが、これは卵巣から分泌されるホルモンです

エストロゲンのいろいろな働き

殖器官への作用

・妊娠・出産・保育に適した女性らしい体つきにする
・生殖器を受精に適した環境にする
・卵子を成熟させ排卵を促す


への作用

・皮膚の張りを保つ
・コルステロールを減らす
・骨を強く保つ
・血管壁をゆるめる
・認知機能を維持する

トレスに刺激された交感神経が、「エストロゲン」の分泌を低下させることがわかっています。長くストレスが続けば交感神経が高まり、その状態が慢性化すれば「エストロゲン」が
低下したままとなって、悪影響が体におよぶことが予想できます。

を重ねても大きなストレスを受けない工夫をし、交感神経を正常に保ち、心と身体を鍛えていきましょう。

ストレス解消は、「食べる」「飲む」「買う」という人

ストレス解消は、「食べる」「飲む」「買う」という人

トレス解消法として、ひたすら寝る、とか一人になる時間を作ることなどが挙げられますが、「食べる」「飲む」「買う」ことがストレス解消だという方もけっこういると思います。

分の欲を満たす意味では、これが一番効果的なストレス解消になると思われているかもしれません。
しかし、これがなかなかのくせ者ですね。

度をわきまえる意志がある方はいいのですが、ついつい食べ過ぎたり飲みすぎたりが
習慣化されると肥満や体調を崩してしまったり、かえってストレスの種を増やしてしまうことにもなりかねません。

トレスが鬱積した状態では、なかなか自分自身を抑制するのが難しくなりましからね。
また、「太るかな・・・」などと罪悪感を持ちながらの飲食も体には良くありません。

うことによるストレス解消も、度が過ぎれば借金をしてしまう場合だってあります。
つまり、それが「慢性ストレスの心理状態」だからです。

かしわたしは、これらはある意味「現実逃避」だと思うんですね。

な現実から逃げたい気持ちは、わたしにも大変よく分かるのですが、
これらに頼らないストレスの解消法ってないものでしょうか?

えば、
趣味を見つける、運動をする(ウォーキング、ジョギング、ジムなど)
掃除や部屋のかたずけ、模様替えなど・・・。

調べればいろいろあると思うんですが、なにか一つのことに集中すると、
我を忘れますよね。厳密に言うと、これも逃避なのかもしれませんが・・・。

も、頭を使うだけでは、悪いことばかり考えてしまって、そこから抜け出せなくなります。

れは、「心と体のバランス」が崩れてしまうからだと思います。
だから、どこかで心をこだわりから一旦開放してあげることが必要なんです。

れには、体を動かすことで「心と体のバランス」を保つということが出来ると思うんです。

の中ばかりに居ると、心が沈みやすいので、とりあえず外に出ましょう。
お散歩ですね^^;いつもの街を歩くだけでも意外な発見があるかもしれません。
「こんなところに、おいしそうなお店が(笑)」・・・とかね。

と、まったく知らない街に行くのもいいでしょう。たとえばいつも降りる駅の一つ前で降りてみて、そこから街を散策しながら、家まで歩いて帰るのもいいかもしれません。
ぶらりと、初めてのお店に入るのもいいでしょう。カフェで優雅にお茶するのもいいでしょうし。

にかくゆっくりでいいんです。「楽しむ」ということが大切です。

も体も開放してあげるには、「楽しむ心」を持つことです。
これだったら、そんなに疲れもないと思うし、ちょっとしたダイエットにもなりますよね^^;

を動かすとわかりますが、理屈じゃない爽快感があります。
体を動かすことにより、脳にも刺激が行っているんだと思いますね。

屈ばかりで考えるんじゃなくて、理屈じゃないことも感じてみてはどうでしょうか・・・。
「食べても」「飲んでも」「買っても」現実は消えてなくなりません。

事なことは、マインドセット。心をリセットして「気にしない」から「気にならない」に
少しずつでもいいので楽しく自分を鍛えていくことです。


ただ思うことを書きましたが、ほんのちょっとでもあなたのお役に立てればいいのですが・・・。